2013年12月10日

2013年度一学一山運動フォーラム活動報告

皆さんこんにちは
毎度おなじみ武田山まちづくりプロジェクトです

12月に入りもうすっかり寒くなってしまいましたね
12月は師走とも言うだけあって
12月始めの週から私たちも大忙しでした

12月7日(土)そして8日(日)に
広島経済大学興動館、そして武田山内「たけだの里」にて
2013年一学一山運動フォーラムが開催されました。

去年に引き続き広島県内大学から早稲田大学まで
様々な大学の学生に参加していただきました。

ただ今年は去年より少々参加人数が少なくなりましたが
今年は去年以上に冬の寒さを吹き飛ばすくらい
フィールドワークもグループワークも
熱い熱意のこもったフォーラムとなりました

今年のたけだの里でのフィールドワークは
里に光を入れるために無駄な木の間伐
そしてだれでも歩きやすい遊歩道作りを行いました
ワークでは5つのグループに分かれて、今後のたけだの里の未来を見据えて
何をつくり、何を伝えて行くのかを考えながら
みんな一生懸命ワークに取り組みました

フィールドワークが終わった後は
興動館でグループワークを行いました
こちらのワークではフィールドワークで
生まれた様々な発想をグループで出し合い
そして、話し合いながら里の未来を
模造紙へ書き込みました
どのグループも始めて行うワーク内容に苦戦しながらも
すばらしい発想を見せていました

ワークが終わった後は興動館のCafe「Time」にて
お互いの苦労を労う懇親会が開かれました
今回のフォーラムに再びご協力していただいた
カフェ運営プロジェクトの皆様が作ってくださった
料理にみんな舌鼓をうちながら
懇親会は大いに盛り上がりました
IMG_0092.JPG
↑上の画像は一芸のマサイジャンプです

フォーラム1日目を締めくくる懇親会二次会では
みんなお互いの知識、情報を交換し合って親睦を深めたり
今後の自分の展望をお互い話し合ったり
自慢の一発芸をそれぞれ披露したりと
一日の最後を大賑わいで締め括りました
IMG_0119.JPG
↑二次会序盤で断髪式を行い注目を集めた武田山P1年の小林君

二日目は朝からグループワークを行いました
初日に行ったグループワークの内容を
それぞれのグループが発表しあいました
どのグループの発表内容もすばらしく
今後の里に活かしていきたいアイデアばかりでした
短い間でも非常に密度の濃い発表会とないました

さらに、グループワーク終了後
三重大学からお越しいただいた松浦教授より
国内外の森林問題についての講義を開いていただきました
非常に興味深い内容の講義でみんな真剣に聞き入っていました

そして、最後に
興動館プロジェクトマネージャーの皆様が協力して
製作していただいた今回のフォーラムをまとめたVTRを視聴して
今回の一学一山運動フォーラムは終了しました

今回のフォーラムはまさしく
武田山まちづくりプロジェクト、そして武田山の未来を
新たに作り、広く繋げて行く一つのステップになったと感じます
このフォーラムからまた一つ上の新しいステップへ
武田山まちづくりプロジェクトは
まだまだ未来へ歩み続けます

長文となってしまいましたが最後まで読んでいただいた方は
誠にありがとうございました

本日の記入者 川野
posted by infie at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。