2014年09月08日

まちを見渡してみると・・・

広島で起きた20日の豪雨による災害から
すでに20日近くもの日数が経ちましたね・・・
夏の間曇りっぱなしであの日も不安定だった天候が
今ではあの憂鬱だった空が嘘のように快晴が続いていますね。

行政の働きや、地元の方々の積極的で素早い行動、
ボランティアに参加された方々の地道な復興作業の効果で
崩れた崖の土砂や、水路にたまった土砂は
見る見るうちに片づけられていきました。

しかし、豪雨によってえぐれてしまった崖の斜面などをみるたびに
またこのようなことが起こってしまうのではないかと、山で作業する身としては、
不安に感じてしまい、どうしても目についてしまいます。

また、山道のわきや山の斜面を見渡してみると
雑草が伸び放題となっていることに目がいってしまいます。

「たけだの里」でも大量に流れてきた水と土の影響なのか、
湿気の多かった気候の影響なのか、
しばらく見ない間に雑草が伸び放題となっていた場所を
いくつか発見してしまいました。
このままでは人が入れないと感じる場所もあったため、
大学の夏季休暇が終わって状況が整ったら、すぐにでも草刈していきたいです。

これからの活動が忙しくなることは間違いありません。
一つ一つ気合を入れて頑張っていきます!

本日の記入者 川野
posted by infie at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。